1. HOME
  2. 事業案内
  3. 測量業務
  4. 地形測量及び写真測量

測量業務

SURVEY

測量業務

地形測量及び写真測量

地上レーザー測量

現地測量

地上レーザー測量「現地測量」とは、現地においてTS等又はGNSS測量機を用いて、又は併用して、地形、 地物等を測定し、数値地形図データを作成する作業をいう。山林、ゴルフ場等を除けば、現状はこの測量手法が最も効果的であります。

以下の職業の方は是非、お問い合わせください。
・不動産会社
・建設会社
・設計事務所

地上レーザ測量

「地上レーザ測量」とは、地上レーザスキャナを用いて地形、地物等を観測し、数値地形図 データを作成する作業をいう。従来の測量機器では一か所ごとに単点で測量を行っていましたが、レーザースキャナーでは秒間数十万を超える高密度・高精度のレーザーを照射することで対象を面で測量することが可能となりました。レーザースキャナーによる測量で得られた三次元データは点群データと呼ばれこれを解析、加工することでモデリングや設計図の作成など幅広い用途で活用することができます。従来の測量に比べ短時間かつ少ない人員で行えるほか三次元データの利用範囲が広いなど様々なメリットがあるためレーザースキャナーによるニーズが広まっています。

三次元点群データ測量/三次元地形測量/各種構造物の三次元計測/三次元点群を使用した断面図作成/三次元地形モデル構築/スポーツ施設・設備計測/文化財・遺跡発掘調査に関する計測/処分場等の残土量計測

UAV写真測量

UAV「UAV写真測量」とは、無人航空機(以下「UAV」という。)により地形、地物等を撮影し、その数値写真を用いて数値地形図データを作成する作業をいう。UAV(ドローン)に取り付けたカメラで空撮を行い、撮影した写真から3次元地形データを復元する測量方法です。

三次元点群データ測量/数値地形測量/三次元点群を使用した断面図作成/三次元地形モデル構築/写真地図作成/空中写真撮影/ビデオ映像撮影/